記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

象徴天皇のお言葉を拝聴して考えたこと

 去る8月8日天皇陛下のお言葉がテレビを通して全国にビデオ放映された。 その映像と音声を視聴して、平成天皇が即位以来「象徴」となって以来の真摯なご真情と一国民としての自覚を再認識することができた。はじめに NHK NEWS WEB から全文を複写したい。中でも繰り返し発言されている「象徴」「国民」の用語を太字で強調しておきたい。

 象徴としてのお務めについての天皇陛下お言葉(全文)
 戦後70年という大きな節目を過ぎ、2年後には、平成30年を迎えます。
 私も八十を越え、体力の面などから様々な制約を覚えることもあり、ここ数年、天皇としての自らの歩みを振り返るとともに、この先の自分の在り方や務めにつき、思いを致すようになりました。
 本日は、社会の高齢化が進む中、天皇もまた高齢となった場合、どのような在り方が望ましいか、天皇という立場上、現行の皇室制度に具体的に触れることは控えながら、私が個人として、これまでに考えて来たことを話したいと思います。

 即位以来、私は国事行為を行うと共に、日本国憲法下で象徴と位置づけられた天皇の望ましい在り方を、日々模索しつつ過ごして来ました。伝統の継承者として、これを守り続ける責任に深く思いを致し、更に日々新たになる日本と世界の中にあって、日本の皇室が、いかに伝統を現代に生かし、いきいきとして社会に内在し、人々の期待に応えていくかを考えつつ、今日に至っています。

 そのような中、何年か前のことになりますが、2度の外科手術を受け、加えて高齢による体力の低下を覚えるようになった頃から、これから先、従来のように重い務めを果たすことが困難になった場合、どのように身を処していくことが、国にとり、国民にとり、また、私のあとを歩む皇族にとり良いことであるかにつき、考えるようになりました。既に八十を越え、幸いに健康であるとは申せ、次第に進む身体の衰えを考慮する時、これまでのように、全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが、難しくなるのではないかと案じています。

 私が天皇の位についてから、ほぼ28年、この間私は、我が国における多くの喜びの時、また悲しみの時を、人々と共に過ごして来ました。私はこれまで天皇の務めとして、何よりもまず国民の安寧と幸せを祈ることを大切に考えて来ましたが、同時に事にあたっては、時として人々の傍らに立ち、その声に耳を傾け、思いに寄り添うことも大切なことと考えて来ました。天皇が象徴であると共に、国民統合の象徴としての役割を果たすためには、天皇が国民に、天皇という象徴の立場への理解を求めると共に、天皇もまた、自らのありように深く心し、国民に対する理解を深め、常に国民と共にある自覚を自らの内に育てる必要を感じて来ました。こうした意味において、日本の各地、とりわけ遠隔の地や島々への旅も、私は天皇の象徴的行為として、大切なものと感じて来ました。皇太子の時代も含め、これまで私が皇后と共に行って来たほぼ全国に及ぶ旅は、国内のどこにおいても、その地域を愛し、その共同体を地道に支える市井の人々のあることを私に認識させ、私がこの認識をもって、天皇として大切な、国民を思い、国民のために祈るという務めを、人々への深い信頼と敬愛をもってなし得たことは、幸せなことでした。

 天皇の高齢化に伴う対処の仕方が、国事行為や、その象徴としての行為を限りなく縮小していくことには、無理があろうと思われます。また、天皇が未成年であったり、重病などによりその機能を果たし得なくなった場合には、天皇の行為を代行する摂政を置くことも考えられます。しかし、この場合も、天皇が十分にその立場に求められる務めを果たせぬまま、生涯の終わりに至るまで天皇であり続けることに変わりはありません。
 天皇が健康を損ない、深刻な状態に立ち至った場合、これまでにも見られたように、社会が停滞し、国民の暮らしにも様々な影響が及ぶことが懸念されます。更にこれまでの皇室のしきたりとして、天皇の終焉に当たっては、重い殯(もがり)の行事が連日ほぼ2ヶ月にわたって続き、その後喪儀に関連する行事が、1年間続きます。その様々な行事と、新時代に関わる諸行事が同時に進行することから、行事に関わる人々、とりわけ残される家族は、非常に厳しい状況下に置かれざるを得ません。こうした事態を避けることは出来ないものだろうかとの思いが、胸に去来することもあります。

 始めにも述べましたように、憲法の下、天皇は国政に関する権能を有しません。そうした中で、このたび我が国の長い天皇の歴史を改めて振り返りつつ、これからも皇室がどのような時にも国民と共にあり、相たずさえてこの国の未来を築いていけるよう、そして象徴天皇の務めが常に途切れることなく、安定的に続いていくことをひとえに念じ、ここに私の気持ちをお話しいたしました。 
 国民の理解を得られることを、切に願っています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 以上のお言葉を視聴した翌日に、私は次のようにツイートを重ねた。(順不同)
<天皇のお気持ちがテレビを通して全国に放映された。改めて天皇は「国民と共にある」故に「象徴」であることを再認識できた。天皇の務めは「国事行為」だけで「政府と共にある」のだから生前退位の必要はないと「日本会議」並に軽視していた安倍内閣は「象徴の務めは国民と共にある」と明言されて困惑の有様だ。>

<天皇陛下のお言葉は次の通りしめくくられた=「これからも皇室がどのような時にも国民と共にあり、相たずさえてこの国の未来を築いていけるよう、そして象徴天皇の務めが常に途切れることなく、安定的に続いていくことをひとえに念じています」「国民の理解を得られることを、切に願っています」>

<日本国憲法 第一条に「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。」と明記されている。「象徴」は翻訳語だから原語の「simbol シンボル」のほうがなじみやすい。「ハトは平和のシンボル」「オリンピックのシンボルマーク」を例に挙げれば誰でも理解できる。つまり「精神的・抽象的で言い表しにくい事柄を、感覚的・具体的な形あるものによって表現する方法」と説明できる。>

<「象徴天皇」を考える前に戦前戦中の「大日本帝国憲法」の条文を確認したい。
第一條 大日本帝國ハ萬世一系ノ天皇之ヲ統治ス。
第三條 天皇ハ神聖ニシテ侵スヘカラス。
第四條 天皇ハ國ノ元首ニシテ統治權ヲ總攬シ此ノ憲法ノ條規ニ依リ之ヲ行フ
・・・これらの条文は国民を無視し天皇を神格化している。>

<かつて戦争中の天皇は軍部独裁政権「と共にあり」明治以来の「国家神道」を根拠に国民は戦場で命を捧げるよう強制された。戦後は「民主主義」に変革されて「象徴」天皇となり政治と関わりなく「国民と共にある」存在となった。参考「国家神道の実体」http://linkis.com/www.geocities.jp/sho/FVZeg>

<生前退位問題について読売新聞は天皇見解に反対する社説を掲載。「象徴天皇の在り様から公務減らすという形の対処は無理」との明快な天皇の論旨に「陛下のご負担を今より軽減する方策」提言。退位消極論展開し「こうした点を国民に周知する必要がある」>

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ここから、さらに思索を深めたい。天皇制に同意できない人にも「象徴」の意味について再考していただきたい。その理由は、戦争が終わるまで国家神道によって神格化された天皇のイメージは少なくとも室町幕府以来の幕藩体制下の伝統ではなく、明治時代に富国強兵を目的として捏造されたものだからである。天皇は幕府という政治権力を超越した存在として存続したのであり、権力の正統性と信憑性を保障する立場として存在していた。
 それ故に、天皇は自らの権力や武力を必要とせず権謀術数の俗世とは無関係であった。今も京都に保存されている御所(天皇の邸宅)は諸大名が築いた城壁とは異なり、全く無防備のまま造営されていた。その点でも、世俗的な権力と財宝のトリコであった諸外国の君主や王家とは異なる地位にあった。

 戦後、憲法によって初めて「象徴天皇」と定義づけられてからは、「国民統合の象徴」であり、しかも天皇の「地位は、主権の存する日本国民の総意に基く」と明記されている。
 現天皇は即位以来この「象徴」の立場をいかに受け取り、誠実に実行するかに取り組んでこられたに違いない。その半生をかけた絶え間ないご努力に対して、国民のほうは無関心で過ごしてきたのではないだろうか。もしそうした面があったとすれば「国民の理解を得られることを切に願っています」と結ばれたお言葉に応えなければならない。

 一方政府は、国事行為だけを無事に執行してもらえば良しとして、天皇の個人としての意見や希望には見向きもしない状況が続いている。ご誕生日や新年など事あるごとに挨拶の中で先の戦争の反省や平和への願いを述べられていても、そのお気持ちを汲み取る態度や行動は全くなかったと申しても過言ではない。
 現在、いわゆる右翼が信じている天皇制は明治憲法に定められた軍部権力と一体化された姿であることは「国体」とか「元首」という言葉を復活させようとしていることから見ても明らかであり、それは象徴天皇の立場を否定しようとするものである。

前述した通り「象徴=シンボル」とは「精神的・抽象的で言い表しにくい事柄を、感覚的・具体的な形あるものによって表現するす方法」であった。世の中には精神的および物質的な二つの価値がある。いずれにせよ「象徴」はあらゆる生物の中で人間だけがもつ能力にちがいない。言葉を使うのは人間だけだが、広い意味で言葉も象徴のシステムに他ならない。単語や熟語はすべてその語が表わす対象を象徴あるいは代理している。したがって現在の天皇が象徴するのは「日本国民統合」であり、一部の政治権力ではなくエリート層でもない。

 ここで天皇無用論あるいは無関心の立場をとる人に提案したいことがある。日本国民の中で生まれつき自分のために希望や野心をもち行動しなかった者はいないはずである。その理由は自分個人に「基本的人権」が保障されている故に自分以外の誰かの「象徴」ではないからだ。ところが「天皇」は、即位した時点から一個人としての自由は失われ「日本国民統合の象徴」の立場となる。つまり一切の私心、私欲と無縁な立場に置かれることを意味している。そのためには政治・経済・外交など世俗的な権力と無縁でなければならない。
したがっていかに選挙で勝とうが負けようが国民の一部ではなく「国民全体」の代理として判断し行動することが「象徴」の役割であり、そうした立場で全国民の利益を客観的に認証する人が存在することに重要な意義がある。おそらく外国には憲法で定められた「象徴」国王は存在していないだろう。現天皇はまさに「象徴」としてのご自分の立場について真剣に熟慮し「全身全霊をかけて」実行されてきたのであった。

「国のため」というキャッチフレーズの「国」という文字の意味に問題がある。たしかに日本という国は地球上に実在する。しかし地理的な意味で使われるのではない。もちろん「領土」を意味する場合もあるが、あくまでその国に国民が生活していることが前提条件となる。ただし領土の大小だけで国の価値が決まるのではない。
明治以来昭和20年に至るまでの日本では、あらゆる政策が「国のため」が目的であった。そのために国民が総動員され、自由な言論は禁圧され。国策に反する言動をすれば「非国民」として逮捕され投獄された。「一億一心」「一億火の玉」さらには「一億玉砕」のスローガンまで叫ばれた。しかし、その「国」を動かしていたのは「大日本帝国憲法」であり、政府首脳の暗殺(テロ)によって独裁的権力を掌握した一握りの軍部エリート官僚であった。「一億」と言いながら一般の市民は無謀な戦争を拡大するための捨て駒として使い捨てられた。そのために満州や南方の僻地、さらにはビルマ、フィリピン等々東南アジア各地へ召集され派遣された一般市民や兵士たちは、どれほど無念と苦悩のうちに命を失ったことか。兵站(武器食糧の補給)を無視した作戦の結果、餓死のため死に追いやられた兵士たちが過半数を占めていたのが戦死の実態であった。
今また政府によって「国のため」「一億総活躍社会」などのスローガンが声高に叫ばれているが、その政策を実現する責任は政府にはなく、国民に丸投げされている。うっかりキャッチフレーズに乗せられて期待すれば、それこそ安倍政権によって戦前の「日本を取り戻す」使い捨ての道具にされかねないであろう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
次に私より年上のソ連抑留体験をもつ90歳代になる先輩の感想を匿名で紹介したい。
<「平成の玉音放送」ともいうべき天皇のお気持ち表明は、憲法を改悪して天皇を元首に担ごうとする自民党の野望を粉砕したのではないでしょうか。全身全霊を挙げて象徴の義務を果たそうとされる天皇の真面目さと熱意を、国民は初めて知ったのではなかったか。私が嬉しく思ったのは、誰にも侵されない毅然とした勇気と叡慮、お飾りや操り人形ではない天皇の姿でした。象徴天皇は今上陛下のたゆまぬ努力によって平成の世で確立し、今や“万世一系ノ天皇ハ神聖ニシテ侵スへカラス”の元首ではありません。>

<象徴天皇のお仕事は国事行為と公的行為を合わせてお忙しいようですが、宮中祭祀がかなりの時間とエネルギーを消耗しているのではないでしょうか。
今上天皇は模範的な紳士であり秀でた明君で、この度のご提案は知性溢れる画期的なご意見でした。政治に口が出せないご身分からのすれすれの提案ですが、政府や関係者の不作為が問われるところです。何よりも心を打たれたのは天皇である前に人間であること、終身刑さながらに死ぬまで現役であれとは残酷です。要介護の施設で余命を養う私はお気持ちに大賛成、いろいろと論じられるでしょうが、その答えはこの原点から考えるべきだと思います。>

<憲法に基づく象徴天皇の義務をこれほど生真面目に考え、実践されている天皇に、いかに立党以来の党是とはいえ自民党が、“天皇さん、象徴は止めて明日から元首になってくれませんか”と言えるでしょうか?今上天皇と天皇家が、完璧な象徴を目指して努力され、その基礎をなす憲法を守ろうとされている姿は誰の目にも明らかです。“私は主権者である国民と共に歩みたい。それを元首などとはとんでもない、それだけはご免被る”と拒絶されるでしょう。>

<私が昭和天皇の勇気に感動したのは、戦後まもなく始められた巡幸です。この人は雲の上から降りてきて国民の目線に立ち、寸鉄を帯びずして国民に詫びたのです。戦争では「醜の御盾」として多くの兵士が戦陣に仆れました。最愛の肉親を戦争で失った遺族の群れを前にして、山高帽を手に謝った。何処から撃たれるか、切り付けられるか、おそらく覚悟の上の全国巡幸であったに違いありません。この捨て身の贖罪行為がどれほど国民の心を引き付けたか。戦後はここから始まったのだと思います。>

<憲法を変えたい自民党試案の第一条(天皇)には“天皇は日本国の元首”とはっきり書かれています。営々と努力して象徴天皇を築きあげられた皇室がいやだと言って拒否されても、安倍総理は無理やり元首にするつもりでしょうか?ここにきて皇室と安倍総理の考え方の違いがはっきりしてきたように思います。憲法を守り、国民と共に歩む象徴天皇の極致を目指される皇室と、その逆を目指す自民党、私の目から見ると安倍総理は逆賊に見えるのです。>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 8月15日終戦記念日、本当は敗戦反省日と呼ぶべきだが、この日の戦没者追悼式では、正午の黙禱(もくとう)に続き、天皇陛下は「おことば」で昨年から使い始めた「過去を顧み、深い反省とともに、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願います」と述べられた。「深い反省」という表現を選び「戦争の惨禍が再び繰り返されないこと」を切に願うと述べられた。その「反省」とは、明治以来の日本が西欧諸国の植民地争奪に影響された軍部権力の暴走責任に対しての「反省」に違いない。
一方、安倍首相の挨拶には「反省」の言葉はなかった。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 安倍政権を世界はどう見ているか 終戦記念日裏側の緊迫(「日刊ゲンダイ」)
http://www.asyura2.com/16/senkyo211/msg/372.html
(要点)
■天皇発言への欧米の視点は「日本の政治を揺るがす問題」
 大マスコミが海外メディアの見解を報じないのは、生前退位を望む天皇の「お気持ち」を巡っても同様だ。国民に向けた天皇発言の事実を海外メディアがこぞって速報したことは伝えていたが、社説などで細かく論評されていることについてはほとんど書かれていない。実は、欧米メディアはこの天皇発言に極めて関心が高く、日本の右傾化や憲法改正問題と絡めて論じたものが少なくなかったのだ。

 聖学院大教授(憲法・フランス法)の石川裕一郎氏のフェイスブックの書き込みが興味深い。
〈欧米メディアに共通するのは、この問題が日本の政治を大きく揺るがすものになりうるという視点である。単なる天皇個人、あるいは皇室のみの問題とは理解していない〉
〈もう一つ欧米メディアに共通するのは、「安倍首相VS天皇明仁」という基本的な視座の設定である。この点も日本のメディアとは全く違う〉

 例えば仏ルモンドはこう報じたという。
〈筋金入りのナショナリストである安倍首相は天皇の退位希望表明によって苦しい立場に置かれた。皇室の制度改正の議論を始めることは、彼にとってより重要な憲法改正の先送りにつながりかねないということを知っている。実際、日本の政治階級の最も反動的な部分に支持されている安倍氏は、ここ数年来憲法、とりわけ国際関係において日本の武力行使を放棄した9条を改正したがっている〉
〈天皇明仁は、いかなる政治権力も公論に関与する権利も持たないにもかかわらず、権威主義的かつ帝国主義的な日本に郷愁を持つ者たちの一大野心を揺さぶり、さらには押しとどめることができるということを巧みに示したといえる〉

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:万年哲学者(Always Philosopher)
 "万年哲学者" を自任する80代が半世紀かけて解明した"いのち" の真実を、若者たちに伝えるために発信するブログです。"真実" とは100年経っても価値を失わない発見や表現を意味しています。

 25年前の1991年には日本情報処理開発協会主催公募エッセイ「私たちのくらしと情報化」が最優秀賞を受賞したことがあります。(ブログ内で原文をリンク)情報を心の栄養とみて健全な知情意を育成するために必要な情報論を展開し、その後の急激な情報化の潮流に対して問題点を先取りした内容と自負しています。

 戦後70年にあたる2015年8月、ボランティアで続けてきたHP<戦争を語りつぐ証言集>(http://www.geocities.jo/shougen60/) が延べアクセス23万回となり毎日新聞でも紹介されました。戦争やテロほど生命を破壊する所業はありません。

 今後は "超人類" へ飛躍する未来をひらく「生命の哲学」に関連ある情報を提供したいと願っています。

 メール=shougen11910@yahoo.co.jp

カレンダー

01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。