記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡潔:きれいな情緒を発達させる教育

 岡博士のいう美しい情緒とは、本能から発する快・不快の感情ではなく、真善美の発見・創造に伴う悦びを意味している。真理の探究にせよ、芸術の創作・鑑賞にせよ、豊かな情緒の成長発展は決して環境を汚染するおそれはない。

 きれいな情緒を発達させる教育が価値の源泉となるとき、際限のない物質的欲望に伴う自然破壊は停止するであろう。また自然や自他が一体化した社会では、食糧に限らず資源や情報を「独り占めしない掟」が倫理の基本となるであろう。

 岡博士は自身科学者でありながら、物質主義に偏した自然科学への疑問を呈している。明治以後、自然科学一辺倒になった教育への批判は、最後の著書の中にも繰り返して主張されている。

つまり、日本は明治の頃、西洋の侵略を恐れ、それを防ぐために西洋文明とともに物質主義を取り入れた。戦後、その主義が一層強化されて社会通念となり、教育に反映されて今日に至っている。

 あらゆる人権が抑圧されていた戦前・戦中の時代には、自我とともに自由な思考や意思までが圧殺されていたことは事実である。戦後は人権尊重の旗印のもとに自我が解放されたのは確かだが、法律は最低の規範であって、個人の欲望すべてを尊重し保障することが正当であるはずはない。

 心を育てるための教育とは、偏差値を重視する能力主義に偏ることなく、真善美の価値が分かる情緒を育てることが第一の目標でなければならない。義務教育の目的は「道義的センスを身につけることの一語につきる」そして「道義の根本は人の悲しみがわかることにある」と岡博士は著書の中で言い切っている。

(参 考)
さきにブログ内にUPしました
岡潔:育児の秘訣<情緒の目覚めの季節>
も併読してくださることをおすすめします。
http://mannen130.blog.fc2.com/blog-entry-14.html


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

万年哲学者(Always Philosopher)

Author:万年哲学者(Always Philosopher)
 "万年哲学者" を自任する80代が半世紀かけて解明した"いのち" の真実を、若者たちに伝えるために発信するブログです。"真実" とは100年経っても価値を失わない発見や表現を意味しています。

 25年前の1991年には日本情報処理開発協会主催公募エッセイ「私たちのくらしと情報化」が最優秀賞を受賞したことがあります。(ブログ内で原文をリンク)情報を心の栄養とみて健全な知情意を育成するために必要な情報論を展開し、その後の急激な情報化の潮流に対して問題点を先取りした内容と自負しています。

 戦後70年にあたる2015年8月、ボランティアで続けてきたHP<戦争を語りつぐ証言集>(http://www.geocities.jo/shougen60/) が延べアクセス23万回となり毎日新聞でも紹介されました。戦争やテロほど生命を破壊する所業はありません。

 今後は "超人類" へ飛躍する未来をひらく「生命の哲学」に関連ある情報を提供したいと願っています。

 メール=shougen11910@yahoo.co.jp

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。