記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「シールズ関西」の女子大学生による街頭演説

(2015年7月15日大阪駅前)
「日本を守ってもらうばかりではいけないんだと、戦う勇気を持たなければならないのだ」と安倍さんは言いますが、私は海外で人を殺すことを肯定する勇気なんてありません。自衛隊員の命を国防にすらならないことのために消費させるほど、私は心臓が強くありません。私は戦争で奪った命を元に戻すことはできない。空爆で破壊された街を立て直す力もない。日本企業が作った武器で子供たちが傷ついても、その子達の未来に責任を負えない。大切な家族を奪われた悲しみを、私はこれぽっちも癒やせない。自分の責任を取れないことを、あの首相のように「私が責任を持って」とか「絶対」とか「必ずや」とか威勢の良い言葉でごまかすことはできません。
 今日のテレビで、東京の日比谷音楽堂が戦争法案に反対する人たちでいっぱいになっているのを見ました。おじいさんやおばあさんが震える声で拳を突き上げて「戦争反対」を叫んでいる姿を見ました。この70年、日本が戦争せずに済んだのは、こういう大人たちがいたからです。ずっとこうやって闘ってくれた人たちがいたからです。そして、戦争の悲惨さを知っているあの人たちが、ずっとこのようにやり続けてきたのは、まぎれもなく私たちのためでした。ここで終わらせるわけにはいかないんです。私たちは抵抗を続けていくんです。武力では平和を保てなかったという歴史の反省に立ち、憲法9条という新しくてもっとも賢明な安全保障のあり方を続けていくのです。偽りの政治は長くは続きません。」
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

万年哲学者(Always Philosopher)

Author:万年哲学者(Always Philosopher)
 "万年哲学者" を自任する80代が半世紀かけて解明した"いのち" の真実を、若者たちに伝えるために発信するブログです。"真実" とは100年経っても価値を失わない発見や表現を意味しています。

 25年前の1991年には日本情報処理開発協会主催公募エッセイ「私たちのくらしと情報化」が最優秀賞を受賞したことがあります。(ブログ内で原文をリンク)情報を心の栄養とみて健全な知情意を育成するために必要な情報論を展開し、その後の急激な情報化の潮流に対して問題点を先取りした内容と自負しています。

 戦後70年にあたる2015年8月、ボランティアで続けてきたHP<戦争を語りつぐ証言集>(http://www.geocities.jo/shougen60/) が延べアクセス23万回となり毎日新聞でも紹介されました。戦争やテロほど生命を破壊する所業はありません。

 今後は "超人類" へ飛躍する未来をひらく「生命の哲学」に関連ある情報を提供したいと願っています。

 メール=shougen11910@yahoo.co.jp

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。